面接に大切なものはマナーです

面接をするなら、言うまでもなく用意しなければならない書類と言うものがあります。

面接に大切なものはマナーです

面接に必要な書類を再度チェックしましょう

面接をするなら、言うまでもなく用意しなければならない書類と言うものがあります。1番有名なのは履歴書ですが、履歴書だけで安心しているようでは話にならないでしょう。もし職務経歴書が必要だということが求人情報欄になかったとしても、社会人としてのマナーとしては用意するようにしておきたいところです。最初に書類選考があると言うのであればなおのこと、履歴書だけでは明らかに不十分なので、こちらのことを知ってもらうといった意味でも職務経歴書は用意しておいた方が良いでしょう。職務経歴書は、自分が今までどんな仕事をしてきて、そしてその仕事の影響受けてどのようなスキルや資格を手に入れてきたのかということを明確に覚えてもらえるというメリットがあります。アピールポイントにもなるでしょう。

確かに履歴書にもアピールポイントを記載することができます。しかし周知の通り、履歴書には自分の特技や長所、その他いろいろな得意分野を記載できるところがかなり少ないと言えるでしょう。職歴と学歴を単純に羅列しても、面接官はそこから使える人材かどうかを判断するのは難しいです。しかし、職務経歴書があれば、どんな仕事を経験してきた人間なのかと言うのが分かるので、面接官も判断しやすくなります。履歴書だけで済ませるよりもずっと、こちらのことを分かってもらえるようになるでしょう。